スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > 利益を生み出す逆転発想 [by 川合善大 (著) ]

利益を生み出す逆転発想 [by 川合善大 (著) ]

2011-09-24
利益を生み出す逆転発想 利益を生み出す逆転発想
川合善大

かんき出版 2011-06-08
売り上げランキング : 71187

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2011/09/24

☆気になったキーワード

 『買いたくなる心理』   『素人記者』

 『販売チャネル』   『一円だって』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『具体的事例をどうやっておもいつくのか?』
                              
   実践者ならではの発想です
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『販売チャネルを持っているか否か』
 ▼『ストリートミュージシャンを喫茶店の店主に』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『販売チャネルを持っているか否か』
  最初ビジネスを始めるときには2つのパターンがあるとおもいます。

    ○○という商品やサービスを売りたい!
    というところから始める

    ビジネスをしたい!というのが先にあって
    その後で商品やサービスを探す

  どちらもよくあるパターンだと思いますが
  「会社」というものは「継続」してナンボですから
  前者だけにこだわり続けるのは実は時代の流れに取り残されます。

  売るものにこだわっているため、その売るもの寿命に
  会社の寿命が連動してしまうからです。

  ところが・・・売るものにこだわって始めた事業であっても
  そこでお客様との信頼関係ができていると
  次にお客様の役に立ちそうな「別のもの」を用意することが 
  できれば、会社の寿命はまた延びます。

  このお客様とのつながりのために
  確立した「販売チャネル」があれば、極論を言えば何を売ってもいいのです。
  ご支持していただけるユーザーがいるサービスであればいいのですから。

  「立地」をおさえたビジネスは強いと言われる
  所以の一つがここにあると感じてます。
  お客様の流れがすでにあるところを抑えているわけですから
  あとは「興味を持ってもらえる商品やサービス」を
  提供するところに注力できますよね?

  インターネットベースにしているSOHOビジネスの多くが
  ここのところが弱いのは、競争優位性が簡単に崩れてしまうからです。
  いわゆる「参入障壁」が低いというもの。

  自分が持っていると思っている「販売チャネル」「ポジション」
  が非独占であり、他からの参入を容易に受けてしまうからに他なりません。

  そう考えると、バーチャルな空間=インターネットにおける
  販売チャネルには、実際の提供するサービスや商品の他に
  「誰が売っているのか?」という売り手のパーソナルな要素が
  重要なのかなと最近考え続けている次第です。

  同じものであっても「あなたから買いたい」と言ってもらえるように。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ストリートミュージシャンを喫茶店の店主に』
  一昔前であれば、なにか事業を始めようと思うときには
  正社員やアルバイトさんをリアルに雇用して
  事業を立ち上げないといけませんでした。

  もちろん一人で始めることもできますが
  それではデキル範囲に限界があるからです。

  でも、インターネットの普及のおかげで 
  在宅で働いてくださるという業務形態が確立されました。

  そう、出勤することができないという方々の 
  パワーをお借りすることができるようになったのです。

  メールマガジンの執筆からはじまった私の会社も
  このSOHO=在宅の方々の力なくしては成立しません。

  このように、それまでに活用できていなかった
  隠れ資産は何かないだろうか?という視点はとっても大事。

  お金があれば解決できることも非常に多いですが
  逆に言えば、お金で解決できることが多いからこそ
  資金源は無尽蔵ではないことを考えると、その投入先はちゃんと
  考えたいもの。

  だからこそ、「隠れ資産」はどこにあるんだろうか?
  と考えるわけです。

  本著で川合さんはこのようなアイデアをだされています。

   ストリートミュージシャンを喫茶店の店主にする

  これだけ聞くと???かもしれません。

  具体的なところは【エンビジ】でとりあげるには
  長くなってしまいますので、本著に譲りたいと思いますが
  そのアイデアはありだなとおもわせるものでした。

  実際、他の人が使えない「隠れ資産」を自分がみつけることが
  できた場合には競争優位にもなりますし
  その優位を積極的に提供していくことで、受け取った人にも感謝していただけますからね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『販売チャネルをつくりあげよう』
                              
   すべてを自分でやりきる必要はない
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著は、友人と待ち合わせをするタイミングで
 時間にすこし余裕があったので、ふらっと入った本屋さんの店頭でみつけました。

 本著の著者である川合さんの本は
  3%の経営発想力―ランチはお客様におごってもらえ!
 http://seikou.enbiji.com/2008/05/3_by_2.html
 でも取り上げさせていただいたことがあります。

 約3年ほど前の話ですが、そのときもよかったなーと思ったので
 読んでみることにしたわけです。
 まさに「好きな人だから買う」を実践してしまいました(笑)

 アイデアなんてだれても思いつくし、実践するかどうかが大事だよ。

 というのは確かに真実です。
 でも、アイデアを思いつかない限り、実践することはできないのでは
 といつもおもいます。

 だからこそ、実際にたくさんのアイデアをおもいつき
 実践されている方を尊敬したいなとー。

利益を生み出す逆転発想
利益を生み出す逆転発想

関連記事:


 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.