スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > マーケティング大進化論 [by 牧野 真 (著) ]

マーケティング大進化論 [by 牧野 真 (著) ]

2006-11-28
マーケティング大進化論 マーケティング大進化論
牧野 真

中経出版 2006-10-31
売り上げランキング : 51917
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/11/28

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『常識とは?』

   マーケティングの常識が崩れるそうです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『イメージを食べて』   『IQ』

 『仮説構築力』   『テイスト』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『マーケティングの本質とは?』
                              
   何を中心にそえる?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『イメージを食べて生きている』
 ▼『お客がほしがれば売れる』
 ▼『真実の適正価格とは?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『イメージを食べて生きている』
  マーケット(=市場)は「消費者の頭の中にある」
  と牧野さんはおっしゃいます。

  今や、モノが余っている時代。
  ただ製品を作って売るだけでは売れない時代になりました。。。

  では、いったい何が市場を引っ張っているかというと
  「イメージ」なんですね。

  イメージとはスタイルとも言い換えられると
  本著では書かれています。
  つまり「消費者はイメージを食べて生きている」と
  いうのです。

  例えば、女性用下着の広告。
  なんで外国人の女性ばかりなんでしょうか??
  日本人向けに売るのだったら、日本人の方が
  親近感が湧くでしょうに・・・。
  #男性だけ?(笑)

  と、購買層の女性からすると親近感というよりは
  「リアル」過ぎて経験されてしまうんだそうです。

  というのも「あこがれ」を想起する=ハレの世界を
  下着というモノに対して思い浮かべるんだそうで
  この非日常にふさわしいのは、外国人だという「イメージ」から
  なんですね。

  このような新しい「スタイル」を作り出すことが出来る人
  というのは、そのまま市場を創り出すことができる。
  そんな風に思いますね。

  それによって大きなメリットも生まれますから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『お客がほしがれば売れる』
  そのメリットというのは「独自性」です。
  誰もが持っていなかったスタイルを、形にして
  売っていくわけですから、その時点で競争者ゼロです。

  まるるちゃんは知らなかったのですが
  本著で挙げられていた例で、「化粧品」の中古マーケットって
  結構繁盛しているんだそうです。

  ちょっと使ってみたら肌に合わないとか
  自分の好みじゃなかったと言うときに、今までだったら
  部屋に残っていたり、ゴミになってしまっていたモノが
  「商品」として売り出されているんですからある意味びっくりですよね。

  それまでは「新品」だけが商品であると思われていたのですから。

  このように、商売にルールはないのです。
  特に「素人」が参入する場合には。

  ただ一つルールがあるとすれば「お客がほしがれば売れる」
  というルールだけ。

  
  ビジネスをしていく上で、絶対に必要なのが
  「顧客=買ってくださる方」です。

  この顧客を確保できていて
  さらには、「参入障壁」の高いビジネスをもし
  あなたが持っていたとしたら・・・・・

  とんでもなく、おいしいスタンスを持っていることになりますね。。。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『真実の適正価格とは?』
  「○○」という商品カテゴリーに対しては
  「△△円だと高いよ・・」とか「□□円なんて安い!」
  など、「○○」という名称に対しての価格の感覚というのが
  ありますよね?

  これをカテゴリープライスというそうなのですが
  消費者の心理として、だいたい次の3つがあるそうです。

  1)価格が高いモノは価値が高いと感じる

    よくわからないモノに対しては
    大体こんな風に感じちゃいますよね(^^;;)
    安いってことは品質が悪いんだろうと・・

  2)カテゴリーによって価格帯がある
    
    さきほど書いたとおり、「○○」だったら
    「高くてもいくらくらいだろう」とか
    「これ以上安いと駄目なやつだ」などですね。

  
  3)価格が高くなっても購入率が下がらない範囲

    そしてこれが大事なのですが、一般的には
    価格が高くなると購入者の数は減るという反比例の
    関係にあるのですが、

    実は・・ある範囲においては価格が高くなっても
    購入者は減らない範囲というのが存在しているのです!

    
    例えばビジネス書。1500円の本が例えば1600円に
    なったところで、どれくらいの人が「価格のみ」において
    買うか買わないかを判断すると思いますか??

  まるるちゃんの手元には具体的な数値はないので
  推測になってしまいますが、この価格差のみで購入の是非を
  判断する人はあまりいないと思うのです。

  でも、例えば2000円の大台を超えてきたら・・・
  考えちゃいそうですよね(笑)

  この3つめは、実は経営の観点からは
  とっても大きなことです。なぜなら・・・・・・値上げ分は
  すべて利益ですからね。

  この範囲を見極める能力は、経営者としてはとっても大事なことだと
  思っています。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『IQを下げよう!』
                              
   かんたんでわかりやすく。。。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 売り手はその自分の商品・サービスに詳しいので
 どうしても「あれもあった方がいいかな」
 「ここまでのお得意さんにはこれもつけたほうがいいかな」
 といろいろと小難しいシステムにしてしまいます。。。

 先日も某有名チェーン店のビリヤードに行ったのですが
 受付で
  「会員になられますか?この○○コースだとこんな特典があって
   さらに上の××コースだと、こんなのもあります・・」

 と説明されましたが、さっぱりわかりませんでした(笑)

 まるるちゃん達はそれほどお酒を飲んでいたわけでもないのに
 これですから、もっと飲んでいる人たちには
 全く理解できないのでは?と(笑)

 そう考えると、最初の入り口はできるだけ
 シンプルにするのがいいんでしょうね。

 自分への自省と戒めの意味でも、かみしめておかないと・・・

マーケティング大進化論
マーケティング大進化論

関連記事:


 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.