スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ! [by スティーブン・ブラウン (著)]

ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ! [by スティーブン・ブラウン (著)]

2006-04-04
ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ! ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ!
スティーブン ブラウン Stephen Brown ルディー 和子

ダイヤモンド社 2005-01
売り上げランキング : 18,412
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/04/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『顧客志向のうそ?』

   著者はコトラーに論戦を挑んだらしい
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『顧客第一主義』   『TEASE』

 『ドナルド・トランプ』   『エンターテイメント』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『TEASEって何?』
                              
   本著のメインとなる5要素です
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『トリック-誠実な誇張』
 ▼『限定-欠乏から需要が生まれる』
 ▼『秘密-誘惑する』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『トリック-誠実な誇張』
  不動産王、ドナルド・トランプってご存知ですか?
  
  ニューヨークにたくさんのビルを所有している彼いわく
  「取引したい!と必死になっていることを知られてはいけない」
  といいます。

  なぜ?
  もちろんそれは、「足元を見られる」からです。
 
  即金がほしい!と思っている人にとっては、その金額が10%くらい
  減ったとしても問題はないわけです。時期のほうが大事ですから。
  そこに気がつかれると、もちろん値引きされちゃいますよね(笑)

  逆に、まるるちゃんが買い手であれば
  相手の状況をちゃんと見抜く力をもてるかどうかで
  利益の金額が変わってくるわけです!

  トリックと聞くと悪い意味に聞こえますが
  トリックとは「真実を誇張」するしかけのこと。

  うそじゃないんです。「誇張」するってことは、真実の種はあるんです。
  それをいかに「大きく見せるか?」がトリック。

  そして、トリックはだまされたことがわかったときに
  「面白く味わえる」ユーモアがなくてはいけません。
  じゃないと、ビジネスの場合訴訟になっちゃいます(^^;;)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『限定-欠乏から需要が生まれる』
  「本日限定」「数量限定」こういう言葉に弱くないですか?
  
  ご飯食べに行ったときに、「限定メニュー」があると、どうしても
  目がいってしまうまるるちゃんも、「弱い」うちの一人ですね。

  どうして、いつも食べ物が例に出るか??
  は、あまりつっこまないでください(笑)

  これは本能的に「少ないもの=価値のあるもの」というところを
  ついている手法ですね。

  「時間」が少ないか「数量」が少ないか、の2つで
  「限定」というものは作り出すことができます。

  ですので、逆に「いつでも手に入って」「数も豊富」という場合には
  魅力がなくなってしまうんです。

 
  まるるちゃんが自分の「エンビジ」のことを考えてみると
  ・・・・・・・・・
  なんにも限定されてないですね(泣)

  無料で読めるし、読者の数も限定していないし・・・・。

  ブラウン先生から失格の烙印を押されそうです。

  と思っていたら、最近は特別レポートを申し込んでくださった方に
  限定でお知らせなんかを出していますね。

  【エンビジ】本誌だけでは味わえない情報を
  配信していこうと思っています~。

  
  読むためには・・・・レポートに申し込んでくださいね♪
   =>http://www.enbiji.com/meta/rikei10years.html

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『秘密-誘惑する』
  誰もが好きなものに「噂話」があります。
  
  この噂は、大体の場合人の「秘密」にかかわるネタが多いですね。

  そう、誰もが「秘密」と銘打たれるとそれだけで
  興味がわいてしまうんです♪

  雑誌とか、最近は本でも「袋とじ」ってでてきていますね。
  あれって、立ち読みで読みたくても読めないじゃないですか??  
  
  そんな袋とじの中に、「秘密」が隠されているとしたら・・・・・。
  買っちゃいません?

  往々にして、実はたいしたことが入ってないということも
  多いのですが・・・(泣)

  さて、こんな秘密を生み出すのってどういう要素なんでしょう?

  それは「不思議」を伴うこと?
  例えば、「言行不一致」なんかもそのひとつ。
  
  ある人が普段言っている事と、違うことをやったりすると
  なんでなんだろう?って思いますよね。

  そして、その秘密が「○○に隠されている!」とわかったら
  この「○○」にめちゃくちゃ興味をもちませんか?

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『欠乏が欲望を呼ぶ』
                              
   ないもの・価値を感じるものはどうしても手に入れたい
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 怖いですね~。
 まさに、今の「高級ブランド」といわれるものが
 実際にやっている行動じゃないですか!

 今回、5要素のうち3つしか紹介できませんでしたが
 あらためてTEASEとは
   T:トリック
   E:限定
   A:増幅
   S:秘密
   E:エンターテイメント
 のそれぞれの英語の頭文字をとったものです。

 この5要素は、それぞれを単独で実施してもあまり効果がないと
 著者はいいます。
 5つの要素がお互いに絡み合うように、実行することで
 初めて、マーケティングとして効果があると。

 
 確かに、どれも一歩間違えると顧客の怒りを買いますよね。
 すべてが「価値があるんだからしょうがない」と思わせられるように
 持っていくことができるからこそ、実際にやってもうまくいくのかも
 しれません。

 しかし、こう考えてみると「5要素」のどれも
 お客さんの立場から考えると。。。。困っちゃいますね。

ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ!
ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ!


 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.