スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > パワー・ブランディング 統一性と結束をもたらすブランド・ロードマップ

パワー・ブランディング 統一性と結束をもたらすブランド・ロードマップ

2004-09-03

●パワー・ブランディング 統一性と結束をもたらすブランド・ロードマップ
マイク・モーザー (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447850220X/maruruchan-22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『ブランドにパワー?』                
┃                            
┃   ブランド自体にはパワーがありそうですが、     
┃   そのプロデュース方法にもパワー?         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『ブランド・ロードマップ』
 『コアメッセージ』
 『アイコン』
 『違うパーソナリティ』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『ブランド・ロードマップを作るには?』        
┃                            
┃  ブランドを作る方法の基本であるロードマップは?   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『コア・ブランド・バリュー』
  それがなくなると会社が消滅してしまう!というような
  不可欠な固有の価値観を示します。

  大きく分けて「人間」と「製品」のどちらが重要なのか?
  で型が分かれます。「製品」売りならば後者ですね。
  「サービス」が売りならば前者です。ディズニーランドなどは
  明らかに前者だと思います。

  さて、このメルマガ・日記では?と考えると製品は
  ありませんので、「人間」=ビジネス書を読むエンジニア
  というのが『コア・ブランド・バリュー』ですね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『コア・ブランド・メッセージ』
  十分に簡潔で明瞭に自社を連想させるメッセージのことです。
  ここで重要なのは、同業他社を連想させるようなものではなく
  自社を連想させる固有のメッセージでないといけないという点です。

  たとえばこのメルマガ、「書評」というのをメッセージにしてしまうと
  すでにたくさんの先達・成功されている方がいるので
  このメッセージによって、自分を連想してもらえません。

  ですので、「エンジニア」「ビジネス書」をメッセージのキーとし
  2つの遠い世界として、「複線思考」のネタのひとつにしてもらえれば?
  というのを『コア・ブランド・メッセージ』としているわけです。
  ただ「エンジニア」が「ビジネス書」を読むと言うのでは
  「あ、っそう。で俺とどういう関係が?」とメッセージを受け取った
  方としてはなってしまいますからね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ブランド・パーソナリティ』
  ブランドの性格・特性を単刀直入にあらわすものです。
  ただし、「相手によってその内容を変えてはいけません」
  一貫性をもつ、自然体からでてくるものでないといけないのです

  相手によってかわる?ってことがわかってしまったら
  信頼なんて簡単になくなってしまいますよね。
  
  この『ブランド・パーソナリティ』に関して、いまはっきり
  言葉であわらせないことが、私の問題点なのかもしれません。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『簡潔で明瞭なメッセージを持つ』           
┃                            
┃   人に伝えるときに大事なことです          
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 この本、自分のメルマガをベースに斬ってみました。
 いかがでしたでしょうか?
 今回は『ブランド・ロードマップ』の最初の3段階を書いています。
 あとは「ブランド・アイコン」つまりブランドの象徴ですね。

 先日受けた「セルフブランド講座」をはじめ、自分のブランドを
 どう構築するか?についてはほんとに興味があります。
 世間の中で「平凡なサラリーマンエンジニア」で埋没していくか
 「自分のブランドを持つエンジニア」として少しでも
 輝けるか!ということの大きな分水嶺になると
 直感的に思っているからでしょうね。

●パワー・ブランディング 統一性と結束をもたらすブランド・ロードマップ
マイク・モーザー (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447850220X/maruruchan-22


 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2020 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.