スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > 顧客と語らえ! クイジング入門 [by 弘中 勝 (著)]

顧客と語らえ! クイジング入門 [by 弘中 勝 (著)]

2005-09-13
4774506834 顧客と語らえ! クイジング入門
弘中 勝

現代書林 2005-09-14
売り上げランキング : 1,685

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2005/09/14

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『PRしたいことって何?』

   伝えるものをもっていますか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『何を語り合いたいのですか?』   『貴重な情報源』

 『タイミングをずらす』   『情報ブランディング』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『クイズを自社のPRに生かすには?』
                              
   【ただのクイズ】ではだめなようです。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『知識ではないものを引き出す』
 ▼『出題とアピールのタイミングをずらす』
 ▼『最後の10%を手がけてもらう』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『知識ではないものを引き出す』
  「クイズ」と聞いたら何を想像しますか?

   ・アメリカ横断ウルトラクイズ
   ・アタック25
   ・クイズダービー
  
  ・・・・・・・一昔前すぎですね(^^;;)
  絶対、学生連中はしらなそう(笑)

  さてクイズの達人といわれる人たちって結構います。
  テレビ番組の常連みたいな人たちですね。
  
  彼らはどうやって答えを覚えているんでしょうか?

  ひとつは「クイズに勝ちたいから!」
  これも立派な動機ですね。

  でも、普通の場合には「クイズ」自体が動機になることって
  なかなかありません。

  だって、覚えないといけないことが膨大じゃないですか?
  もしただ覚えるだけができるんだったら、学校の勉強も
  みんなできちゃいます。

  苦痛なことでも量をこなせるってことですから。

  弘中さんがおっしゃるのは
   「500問出題して5000問覚えてもらうためには?」

  そう、闇雲に覚えさせるのは愚の骨頂ってことです。

  その方法とは・・・・・・

   【知識ではないものを引き出すこと】

  
  【エンビジ】読者のあなたが、【エンビジ】を読んでくださるのは
  知識が得たいためなんでしょうか?
  それだけではなく、自分自身を高めたい!という
  「探究心」「向学心」をお持ちだからこそ、
  いつもご愛読いただいているんだとおもいます。

  作者のまるるちゃん自身、そう思って一番恩恵を受けていますから(笑)

  そう、この【わくわく】する心をいかにして持ってもらうか?
  が最重要ポイントなんです。

  あなたがわくわくしたことって、もっと興味を持って調べたくなりませんか?

  すると「勝手に勉強し始める」のです。
  そう、【知識の吸収力】が高い状態になりますから
  あとは覚えてほしいことをいかにしてい提供するか?が役目になるんです。

  弘中さんはこのことを塾の講師をしていたことを通して
  学んだとおっしゃいます。

  まるるちゃんも塾の講師をしたことがありましたが
  完璧に落第でした(^^;;)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『出題とアピールのタイミングをずらす』
  よく見るクイズでこんなのありません?

  「○○という製品にはあるとてもすごい特徴があります。
   次のうちどれでしょう?」

  で、選択肢が3つほどあげられるのですが
  その正解に「○○製品」の本当にすごいことが入っているんです。

  たとえば「世界的権威の××賞を10年連続で受賞!」
  などってやつです。

  弘中さんがおっしゃるには、この形態のクイズは最低点を
  つけます!と。
  
  ということは世の中のクイズはほとんどが最低点??(^^;;)

  なぜなら、「クイズを正解してうれしい!」とか
  「あ~あ、勘が外れてしまった」という回答者の感情の動きに
  せっかくの「10年連続受賞!」が埋もれてしまって
  こちらが伝えたいことが一切伝わらないからなんです。

  確かにクイズを答えているときって、勝ったか負けたかに
  とても関心がありますよね?
  その関心に比べてしまうと、出題者が伝えたいことは
  よっぽどの興味が最初にないと、消えてなかったかのように
  なってしまうんですね。

  ですから、ここでやるべきなのは
    【訴えたいものを直接クイズにしない】 
     =【出題とアピールのタイミングをずらす】
  ことなんです。

  じゃあ?どこで訴えればいいの?
  慈善事業でクイズをしているわけじゃないし・・・
  
  回答は本著にありますが(笑)、簡単には「知識の流れ」を
  いかに構築できるか?
  これです。

  高度な方法です。単純に○○を埋めよというのとは
  レベルが変わってくるからこそ、頭をひねるところなんです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『最後の10%を手がけてもらう』
  ゲーム業界のセオリーとしてこんなのがあるんだそうです。

   (ゲームを遊んでくれる)プレイヤーに世界観を100%
   最初から構築してもらうことはできない。めんどくさいから。

   でも、90%をこちらで用意して残りの10%を作ってもらうのが
   一番プレイヤーに楽しんでもらえる!

  だから、RPG(ロールプレイングゲーム)では
  ゲームの中の世界観が設定され、テーマも決まっているのだけど
  その中で自分をいかに表現するか?キャラクターを成長させるか?
  でみんなが燃えているんですね。

  これは情報提供するときにも当てはまるんです。

  いやですよね?一方的に、自分のことだけを宣伝されるのって?
  でもこれをやってしまっている企業の多いこと多いこと。

  これはまさに「世界観を100%作って提供する」のに
  等しいことです。

  逆に、漠然とわけのわからないことの羅列は「世界観0%」の
  情報提供で、受け取る顧客としても【?】って感じです。

  そこで、最後の10%でコミュニケーションをしましょう!
  ということなんです。

  そのときに最適なのが「クイズ」。
  クイズを解くことってめちゃくちゃ達成感がありますよね?

  このクイズによって、自社の伝えたいことを
  達成感で高揚しているときに伝えられるように!としたいのです。

  この「90%」がいいところは
     【完成する直前】
  という、もっとも人が集まるシチュエーションになっていること。

  はじめは閑古鳥が鳴いていたプロジェクトも
  もうすぐ達成!というときには、
  いったいどこから人が沸いてきたんだ(笑)?というくらい
  いろんな人が集まってくるのも、そこに楽しいことが
  埋まっていることが本能的にわかるからなんでしょうね。

  この点、まるるちゃんも見習わないといけません。

  そんなことを考えていたら、なんとシンクロのように
  面白い企画がメールで届きました。
 
  このネタは編集後記で・・・・。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『知識の吸収力を高めてもらうことを念頭に置く』
                              
   「自分の宣伝」ばかりではない情報発信
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 これまで何度か【エンビジ】でとりあげた
 「クイジング」で有名な弘中さんの処女作です。

 「え?クイジングって何???」

 そう思ったあなたはすでに弘中さんの術中にはまっています(笑)
 まるるちゃんがはまったように・・・。

 クイジングのことは本著にも書かれていますし
 弘中さんのWebサイトにも書かれています。
   ⇒http://www.quizzing.jp/

 弘中さん、何度かお会いさせていただきましたが
 オーラを持っていらっしゃるんですよね。
  
 実力がある!というオーラだけじゃなくて 
 「わかってくれる人だけわかってくれればいい」というオーラ。

 自分に自信を持って仕事をしているからこそでてくるオーラなんでしょうね。

 ということは、自分のやっていることに自身がない人が
 弘中さんの目の前に立つと、圧倒されると思います。

 まるるちゃんが最初にお会いしたとき、そうでしたから(^^;;)

 今ならあのときよりは自身が持てるかな??
 と思っています。。。
 
 最近、弘中さんの主催している面白い企画に参加できてなくて
 残念なのですが、また直近で面白いことやっています。

 ・SHOTGUN TRAINING→http://www.winbit.jp/hsg/tokyo.html

 いつも、すぐに満席になっちゃうので、この告知時点で
 埋まっていたらごめんなさい。
 
 本だけじゃなくて、弘中さんと直接「語り合えますよ~」

顧客と語らえ! クイジング入門
顧客と語らえ! クイジング入門


 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.