スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! > マーケティング > フォーカス―市場支配の絶対条件

フォーカス―市場支配の絶対条件

2005-01-04

●フォーカス―市場支配の絶対条件
アル・リース (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478372098/maruruchan-22/ref=nosim/

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『どんなときでも』                  
┃                            
┃   いつどんな時でも集中が大事といいますね      
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『絞る』
 『全体-部分』
 『ギャップを埋める』
 『専門化』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『フォーカスの法則は?』               
┃                            
┃   ある一定の法則がありそうです           
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『シンプル-ことばでイメージ』
  難しいことはパワーを生みません。シンプルな言葉であるからこそ
  それを聞いただけで、「お!」っとイメージをすることができるのです。

  エンジニアなら誰でも関係がある特許でもいっしょです。
  シンプルであればあるほど、広い範囲をカバーすることができるのですが
  すでに存在するものの改良である限り、オリジナルを超える範囲を
  カバーすることはできないので、特許からお金が発生する範囲が
  狭くなるのです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『敵を絞る』
  いったい、競争相手が何をしようとしているのか?と考えるときに
  2つの敵がいると調べたり、熟慮したりするのに2倍のパワーと資源が
  必要になります。

  古来より「二正面作戦」を行って戦争に勝利した国は稀です。
  第2次世界大戦のドイツ(東のソ連と、西のアメリカ・イギリス)はまさに
  典型。2つの敵と対する場合には、自分の力を半分にしたとしても
  相手よりはるかに勝ってないといけないんです。

  そんな有利な状況におかれることは稀ですからどうするか?というと
  敵を絞るしかないわけです。自分の戦力を集中=フォーカスすること
  は最も大事なキーなんですね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『何をする?』
  どこを対象として自分の行動を行うか?ということもフォーカスの
  大事なこと。日本国民1億人にひとり1円ずつあげるのと、1億円を1人に
  あげるのとを比べたときに、喜びの総和はどちらが大きいと思いますか?

  人間は欲張りですからすべてのことを全部満たしたい!と思うんですけど
  その実現の際には、全部を同時にするのではなく、決めた1つの目的に
  集中して、次々を行っていくことが実現への早道なんだと思います。
  企業で言えば「インテル」。みなさんご存知のとおり、CPUに経営資源を
  集中した結果、パソコンの世界では1人勝ちに近い状態ですよね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『シンプルに』                    
┃                            
┃   わかりやすさはパワーになる            
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 企業におけるフォーカスとは「今日と明日をつなぐ橋」という表現が
 されています。これは、「今日=利益頭であり、明日=未来を担う」
 点をさしていっています。
 そのために、何に集中するのか?を考えなくてはいけないですよね。

 あと理系的なたとえでフォーカスを示すと、「レーザー」と「電球」
 50Wの明るさの電球は目で見てもまったく問題ないけれども
 その1000分の1の明るさしかない50mWのレーザは目に入った
 瞬間に失明する。これはエネルギーの集中度の違いのためなんです。
 一点集中、こつこつ!

●フォーカス―市場支配の絶対条件
アル・リース (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478372098/maruruchan-22/ref=nosim/



 

マーケティングの関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <マーケティング版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.